オーダーカーテン採寸方法・これさえできれば失敗しないお買い物

カーテンの幅の測定方法

カーテンの幅の測定方法

カーテンの幅の余裕はレールの実寸×1.03~1.05倍くらいが基準となります。(スタイルや幅により変わります、ネットでは一様に5%のゆとりが必要とうたっているところもあるようですが、窓の幅が長い場合カーテンがだぶついてしまうことがありますのでご注意ください。)どのくらいの余裕かは機能性レールの長さが1,800mmの場合は1.05倍くらい、レールの長さが3,000mmの場合は1.02~1.03倍くらいがひつの目安となります。装飾レールの場合はレールの長さというよりむしろ両端部のランナー間です。逆に形態安定加工やヒダなしカーテンの場合は余裕がもっと必要な場合もあります。必要に応じて変えることをおすすめします。

(*両サイドの隙間を囲うリターン縫製は別途ご指定ください。)

カーテンの丈の測定方法

カーテンの丈の測定方法 掃き出し窓の高さは、ランナーの穴(かん下)から床までの高さを測り、実寸より希望の高さまで測ります。(通常は-1cmです。) 但し、2重吊り(ダブル)の場合のレースは、さらに1cm引くことをおすすめします。遮光性や保温性を高める為に敢えて床ギリギリ(+-0cm)にする場合もあります。装飾性を高める為にわざとカーテンを床にだぶつかせるいわゆる「ブレーキング」は20~30cmくらいが目安ですが、こちらも生地のハリや特性など必要に応じで調整することをおすすめします。

腰高窓の測定方法

腰高窓の測定方法 腰窓の場合はランナーの穴から窓枠の下までの高さを測り、そのサイズに約15cm前後プラスします。2重吊り(ダブル)の場合のレースは、さらに1cm引きます。また全体的なユニティ(統一感)や防寒対策の為に腰高窓でも敢えて床まで製作することもあります。但し現在の日本の慣習では腰高窓は窓枠の下端+15cmくらいが主流になってきています。

下記を参考にしてAフック(天井付け)かBフック(正面付け)・片開きか両開きかを選択してください。

機能性レール ドレープBフック レースAフック カーテンボックス ドレープAフック レースAフック 装飾レール ドレープAフック レースBフック 片開き 両開き
機能性レール
ドレープBフック
レースAフック
カーテンボックス
ドレープAフック
レースAフック
装飾レール
ドレープAフック
レースBフック
片開き 両開き
オーダーカーテン・カーテンレール 無料現場出張お見積り採寸・施工・サービスエリアエリア

東京都
新宿区・渋谷区・港区・中央区・千代田区・世田谷区・大田区・品川区・目黒区・練馬区・杉並区・中野区・文京区・板橋区、稲城市、狛江市、多摩市、調布市、府中市、町田市、八王子市、三鷹市、立川市、国分寺市、国立市、日野市、小金井市、武蔵野市、西東京市
および周辺地域

神奈川県
横浜市(青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区・瀬谷区・都筑区・鶴見区・戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区)、川崎市(麻生区・川崎区・幸区・高津区・多摩区・中原区・宮前区)、相模原市、大和市、座間市、厚木市、綾瀬市、伊勢原市、秦野市、横須賀市、三浦市、逗子市、葉山町・鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市
および周辺地域